andymori staff blog

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ワンマン"春の楽園"ツアー ファイナル! 東京SHIBUYA-AX

素晴らしかった。
e0156837_22344762.jpg

一回のツアーでこんなにもバンドって成長するだって事を思った。

特に加入したばかりの健二。
こんなにも心の透き通った人に僕は会った事がない。
素直に全てを自分に受け入れる。
まだ加入して半年たっていないなんて考えられないぐらい、すでにandymoriだ。
ってか、健二がandymoriをここまでにしてくれたって感じでもある。
すごい男だ。
ありがとう!健二。

壮平もこのツアーは凄く音楽に没頭できたんじゃないかと思う。
壮平が思い描く「楽園」に少し近づいたんじゃないかな。どう壮平?
「音楽ってこういうもんだよね、音楽って心を解放してくれて、心を自由にしてくれるよね。」って事を僕も含めてみんなに伝えられたんじゃないかと思う。
シンプルな事なんだけど、中々言えない事を歌にしてくれて、自由な心で歌う。
生きる勇気や希望を与え続ける強靭な精神をもっているアンタはえらい!
すごい男だ。
ありがとう!壮平。

そして、寛。
鉄人って呼ばれるあなたの事がここにきてよくわかった。
ぼぉ~っとしてるようで、ちゃんと冷静に物事をみてて、しかも2人対する愛は半端じゃない。人間関係ついついおろそかになってしまいがちな一番近くにいる人を思う心。
それをキープしているあなたは鉄人です。
そして、歌うベースはサイコーにカッコイイね。
例にもれず、すごい男だ。
ありがとう!寛。

こんな3人が集まって音楽を"LIVE"するバンド、andymori。
すごいバンドだ。
ありがとう!andymori。
e0156837_22353010.jpg

そして、皆様。
純粋にandymoriの音楽を受け入れて、考えて、一緒に"LIVE"して、同じ時間を共有している感覚が半端なく、自由に音楽を楽しんでくれてありがとう!
皆様がライブに来てくれるってことがどんなにありがたく嬉しいか。
感謝しています。
全ての人と直接話したりできないけど、あのライブハウスで共有している時間はそんなの通り越してかけがえのない時間になりました。メンバーもそうです。
壮平も言ってますが、家族みたいなものです。ファミリーです。
これからもよろしくね!本当にありがとう!

そして、まわりで支えてくれた、全ての関係者、スタッフの皆さん。
あなた達の助けがないと何も出来ない僕らです。
いつもいつも、こんなにも自由な僕らをあたたかく見守ってくれてありがとう!
まだまだ、いろいろありますね。
楽しくやっていきましょうね!
あなた達もファミリーですからね。
e0156837_22362712.jpg
e0156837_22363658.jpg
e0156837_2236436.jpg

今回のツアーはいろいろ考えたな。
ありがとう!って素直に言える気持ちが自分の中に芽生えた。
ありがとう!って今までも普通に言ってましたが、本当に素直に自由な心で言える自分がいたので、素直に皆さんに「ありがとう!」って言ってみました。
ちょっと、恥ずかしいけどね。
一番、近くにいてくれる皆さんに「ありがとう!」っていえる自分でいたいと思いました。
いつもこんな気持ちでいる為にはやはり、音楽がないと出来ないです。
音楽って素晴らしいです。
素直にそう思えたツアーでした。
明日からもがんばろう!

それでは、ファイナルも終わったのでセットリストを公開します!

01:グロリアス軽トラ
02:ベンガルトラとウィスキー
03:FOLLOW ME
04:ユートピア
05:クレイジークレーマー
06:モンゴロイドブルース
07:都会を走る猫
08:1984
09:青い空
10:ダンス
11:ビューティフルセレブリティー
12:ナツメグ
13:バグダッドのボディカウント
14:サンセットクルージング
15:スーパーマンになりたい
16:僕が白人だったら
17:僕がハクビシンだったら
18:Peace
19:ボディーランゲージ
20:Weapons of mass destruction
21:16
22:無までの30分
23:楽園
24:Transit in Thailand
25:CITY LIGHTS
26:すごい速さ
27:Sunrise&Sunset
28:兄弟
29:andyとrock
30:革命

EN1:Time Goes Back(Vo:寛)
e0156837_22373578.jpg

EN2:永遠(Vo:健二)
e0156837_22374684.jpg

EN:3Creep(Vo:壮平)
e0156837_22375474.jpg

EN:4ハッピーエンド
EN:5everything is my guitar
EN:6投げKISSをあげるよ

W-EN1:新曲(ツアー中に出来た曲)
W-EN2:STAND BY ME
W-EN:3Life Is Party

アンコールではそれぞれが歌いたい歌を歌うって事をやってきたのですが、
これが凄く良かった。
それぞれがすごく出ててandymoriをより知ってもらえたのではないかと思います。

最強のセットリストです。
"革命"からの曲も全曲やって、兄弟もやって、この上ない流れだったと思います。

見に来て頂いた皆さん、どうでしたか?
また、秋に「ワンマン"秋の楽園"ツアー」を開催します。
この頃には"革命”の曲も皆さん聴き込んできてくれると思うので、
違った楽しみ方ができそうですね。
ツアーが終わったばかりですが、早く秋のツアーに出たい!
それを楽しみに明日からがんばれそうです。
e0156837_2239559.jpg

そして、全会場の写真を撮影してくれた"佐藤哲郎"に心から感謝します。
ありがとう!

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-28 22:39

ワンマン"春の楽園"ツアー 9日目! 浜松 Live House 浜松 窓枠

びっくりしました、浜松!
初めての浜松ライブ。
まさか、こんなにも熱い街とは、びっくりです。
普段、冷静な寛も汗だく(笑)
e0156837_4124167.jpg

自由だ!
お客さんも自由、メンバーも自由。
お客さんは自分のスペースで好きな様に踊ったり、手上げたり、聴いたり。
メンバーは音を楽しみ、お客さんとの呼吸を楽しみ、あげく楽屋で出来たばかりの新曲をやったり。
本当に自由だ!
e0156837_41425100.jpg
e0156837_4143474.jpg
e0156837_4144147.jpg

見ていて気持ちよかった。楽しかった。
半分仕事の目で見ている僕がこんなにも気持ちよく見てたのだから、
やってる方と見ている方はどんなに気持ちよかったか。
思わず、客席に飛び出しそうな気持ちを押さえるのに必死でした!
e0156837_4193740.jpg
e0156837_4194426.jpg
e0156837_4195152.jpg

是非!また浜松に来たいです。
ってか、全国行きたい街が増えてきて、このままだと47都道府県ツアーをやらないとって感じです。
でも、まだ行けていない街がまだまだあるので地道に全国にいけるようにがんばります。

さて、いよいよ次はツアー・ファイナル。
このツアーの集大成をやるしかないですね!

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-28 04:22

ワンマン"春の楽園"ツアー 8日目! 名古屋 ElectricLadyLand

今回のツアーの合間に各地でキャンペーンをやってます。
名古屋もたっぷりと雑誌やラジオをやったのでMEDIAをマメにチェックして下さいね!

ツアー8日目!名古屋です。
e0156837_095173.jpg
e0156837_010051.jpg

e0156837_01089.jpg

チケットはSOLD OUT!
開場前に表に出てみたら、歩道橋をまたいで道の向こう側までお客さんの列が出来てまして、
「おぉ〜〜〜!」っていきなりテンション上がってしましました。
メンバーも楽屋の窓から見てまして、「おぉ〜〜〜〜!」って感じでテンション上がってました(笑)
名古屋のお客さんは聴くところは聴く、踊るところは踊るって感じで、ちゃんとライブを感じていてくれると思いました。各地でお客のさんの雰囲気って違うもので、名古屋には名古屋の独特の雰囲気があります。

前日、「ひつまぶし」を食べたメンバーは最初から全速力です。
今日も凄いライブでした。
このツアーをみていると、悪いライブをする気がしません。
それくらい、今のandymoriはかなり調子がいいですね。
同じ曲でも表情は日替わり。
革命からの新曲もどんどん成長しています。
e0156837_011291.jpg
e0156837_0113732.jpg

e0156837_0114718.jpg

さて、8日目も終わり、後はセミファイナルとファイナルを残すだけ。
何だか寂しい気持ちがわいてきました。
ツアーは楽しい。
終わってしまうのが、最後になるにつれて寂しく思ってしまいます。
最後まで全速力でいきます!

さて、打ち上げで、チケットがSOLD OUT!!って事で、イベンターさんからandymori史上初の「大入り袋」がでました!!
中身はスクラッチの宝くじが一枚入っているだけのものですが、縁起物です。
袋は大切に保管しておきます。
e0156837_0154856.jpg


photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-25 00:27

ワンマン"春の楽園"ツアー 7日目! 京都 磔磔

前日の大きな会場から一変。
京都に昔からあるライブハウス"磔磔"でのライブ。
照明もなんばHatchと比べたら100分の1ぐらい、建物も大昔の建物をそのままライブハウスにしたもの。
でも、ここには"音楽の神様"いるように来たらいつも思う。
一体、どれくらいのアーティストがここでライブをしたんだろう?
そんな先輩アーティストの方々が何かを残していってくれている、
音楽のサンクチュアリです、ここは。

andymoriでは初めてライブをさせて頂きましたが、
すごく合ってました。馴染んでました。
何も飾らない、素のライブ。
すごくいいライブでした。
e0156837_22172590.jpg
e0156837_22173231.jpg
e0156837_22174036.jpg
e0156837_22174774.jpg
e0156837_221817.jpg

お客さんも磔磔でライブを見れる事の喜びに溢れているように見えました。
やる方もそうですが、見に来てくれるお客さんにとってもサンクチュアリなんでしょうか?
すごく純粋に音楽を楽しみにきてくれているのが分かります。
そんなお客さんとのライブは本当に素晴らしかった。
一体感もハンパなく、音楽で一つになる感じが素敵でした。

京都 磔磔、また絶対にやりたいです!
楽屋もこの雰囲気ですから、居心地はサイコーです。
e0156837_22214636.jpg

さて、早いものでツアーも後、3本。
本当に始まってしまえば、アッと言う間です。
残りの名古屋、浜松、東京を楽しみます。

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-20 22:22

ワンマン"春の楽園"ツアー 6日目! 大阪 なんばHatch

春の楽園ツアーもいよいよ折り返して、後半戦に突入です!
このツアーで一番大きな会場、大阪なんばHatch。
小さなライブハウスのあの密室感、お客さんとの一体感も好きですが、
大きなライブハウスの開放感、大量の熱量も好きです。
たくさんのお客さんと一緒に盛り上がった夜でした。
e0156837_303955.jpg
e0156837_304641.jpg
e0156837_305449.jpg

大阪は隔週でFM802"MUSIC FREAKS"もやっているので、
なんだか「ただいま!」って感じです。
このツアーは前半がずっと出っぱなしのスケジュールになっていたので、
すごくホームに帰って来た感じがしました。
e0156837_31318.jpg
e0156837_311075.jpg
e0156837_312181.jpg

"革命"に収録されている新曲達がどんどん育ってきています。
しっかりと自分たちの曲としてライブでお客さんと一緒に曲を共有するのって、
やはり少し時間がかかる事で、ライブで演奏して初めて身になる部分も多いのです。
お客さんもアルバムを買って聴き込んでライブに挑むって事が普通なのかもしれませんが、
今回のツアーは発売前のツアーなので、お客さんはほぼ初めてその場で聴く曲な訳です。
それでも、一緒に曲を共有できる感じがすごくしました。
e0156837_313186.jpg

本当にどんどんライブが素晴らしくいい感じになってます。
ファイナルの東京で、一体どんな事になるんだろう?!
始まってしまえば一瞬で終わってしまうツアー。
残り4本をじっくりと楽しんでいこうと思います。

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-16 03:18

ワンマン"春の楽園"ツアー 5日目!米子AZTiC laughs

初めての米子ライブ。
そして、米子は我がチームのPA生ちゃんの生まれた街。
MCでこの事を言いまくってて、
このツアーでいいチームワークが出来てるなって思いました。
それぞれが愛情を持って接している感じがいいです。

そんな、米子の初ライブ、そして、初ワンマン。
米子のお客さんはすごくフレンドリーで、ライブの最中もすごく話しかけてくれて、
とてもアットホームなライブでした。
お客さんとの会話も楽しんで、曲を"LIVE"して、
一緒に"LIVE"している感がすごかった。
e0156837_18177.jpg
e0156837_182648.jpg
e0156837_183332.jpg

米子の店長の渡部さん。
いつも広島など近くに行った時は、いつも見に来てくれてて、
その度に「いつか米子に!」って言ってくれてまして、
今回、実現して良かった。
熱意がすごい方なので、迎えてくれかたも凄く暖かく、気持ちよかった。
また、行きたい都市が増えてしまいました!
e0156837_1141128.jpg
e0156837_1141927.jpg
e0156837_1142680.jpg

米子のお客さんは熱いです。
寛曰く「良い匂いがする街」ってのが分かる。
いい雰囲気がする街でもあるんですね。

さて、今回の楽しみの一つでもありました、
PA生ちゃんのお母さんに会う事。
一目で親子って分かるぐらいの遺伝具合。
楽屋に遊びに来てくれました!
e0156837_1165013.jpg

すごく元気のよいお母さんで、生ちゃんはこの明るい部分もそっくりって、
本当に良く似た親子です。
ちなみに、夜、飲み屋で偶然、一緒になって飲みました。

米子、また来たいです。
良い夜をありがとう!

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-11 01:20

高松→米子 移動日

今日は高松から米子への移動日。
高松を出発する前に最後のさぬきうどんを。
e0156837_1744970.jpg

写真家"佐藤哲郎"と記念写真。
このうどんがうまかった!
店についたら、カントリー風なおじさんが
「今日はうどんがうまく出来た!」っていきなり話しかけてきて、
後から分かったのですが、この店のオーナーさんだったみたい。

富士吉田うどん派の寛も無心で食す。
e0156837_17455494.jpg

あまりのうまさに絶句でした。

そして、途中、大山をバックに、
e0156837_17464923.jpg

PAの生ちゃんと記念写真。

さっき、うどんを食べたばかりなので、写真とったら出発しようと思ったのですが、
寛が見当たらない・・・。
e0156837_1748834.jpg

まさか!と思ったのですが食堂に行ってみたら、一人でもくもくと"蒜山ラーメン"を食していました(笑)
さすが、寛。

米子に到着しています。
明日は米子での初ワンマン。
栄養のある飯でも食べるかな。
by andymori | 2011-05-07 17:51

ワンマン"春の楽園"ツアー 4日目!高松DIME

e0156837_1216256.jpg

いつも写真を撮影してもらっているのは、写真家"佐藤哲郎"。
DVDにも写真集がありますが、andymoriを結成前から撮り続けている男です。
今回のツアーにも同行してもらっていまして、毎回このブログに上げさせてもらっています。
メンバーの事を知り尽くしているので、ちょっとした表情も逃しません。
愛のある写真だと、僕はいつも楽しみにしているのです。
ですので、皆さんも写真をじっくり見て下さいね。
新生andymoriも撮り続けているので、いつか写真展や写真集を出したりするのかな?
その時はお知らせします。

さて!ツアー4日目。高松です。
そして、初めての高松ワンマン。
ツアーを組んだ時にお客さん集まってくれるのか??って不安でしたが、
たくさんのお客さんが来てくれました。
DIMEは建物の上からお客さんが入場するのに並んで待ってくれているのが見えるのですが、その行列にテンションが上がりました!
ライブの方は、凄く自由に楽しんでいるのが気持ちよかった。
どんどん、どんどん良くなってます。
e0156837_12163341.jpg
e0156837_12164290.jpg
e0156837_12165011.jpg


壮平のイタズラ・キャラが炸裂で、寛が普段言わない"一言"をうまい具合に言わせたり、
(高松の皆さん、内緒にしててくださいね:笑)
うどん騒動を巻き起こしたり(さぬき派vs富士吉田派:最後は寛を富士吉田派にもっていってお客さんのブーイングをさそうって感じの騒動)、と本番終わって楽屋に戻った時にはみんなで笑い転げてしまいました!
演奏も楽しみながら、話も楽しむ。
お客さんと一緒にすごく自由で有意義で熱い時間が過ごせた一夜だったと思います。
e0156837_16554258.jpg

それにしても、寛は本当に愛すべきキャラだと、つくづく思いました。
いつも笑かしてくれますからね。
バンドらしく、それぞれのキャラも確立しつつあるandymoriです。
バンドってやはり人が一人かわると全然、別のものになるんだなってつくづく思いました。
前が良いとか、今が良いとか、そんな問題じゃなくて、今、この3人てやっている事がいいんです。カッコイイんです。
すごいバンドになるんじゃないかと思っています。
その過程を見れるのが、僕の楽しみでもあります。
e0156837_12165820.jpg
e0156837_1217522.jpg
e0156837_12171869.jpg

さて、次はツアー5日目、米子。
andymoriでは初めての都市。
楽しみだ!
鳥取砂丘には絶対に行こうと思っています。アー写でも撮ろうかな。

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-07 12:18

ワンマン"春の楽園"ツアー 3日目!広島ナミキジャンクション

ツアー3日目。
広島は何回も来ていますが、なんと!初めてのワンマンでした。
すっかり、すでにワンマンやってた気分でした!
そんな初!広島ワンマンライブ。
広島のお客さんはハンパなく熱かった。
ワンマンを待っていてくれたんだなぁ〜ってヒシヒシと感じました。
メンバーもそんな気持ちに答えてか、ものすごい、本当にものすごいライブを見せてくれました。
「息をつく暇もない」ってこういう事を言うんではないかってぐらい、一瞬の隙もない、一瞬も気を抜いてない、心の叫びでした。
e0156837_18445767.jpg
e0156837_1845880.jpg
e0156837_18452137.jpg

面白いのは毎会場、グッとくる部分が違うんです。
福岡と広島でもそのポイントは違ったし、その時の気分ももちろん毎日違うので普通な事ではあるのですが、毎回、同じライブを見ていても飽きないし、毎回、感動してしまいます。
このツアー終わる頃には一体どんなバンドになっているんでしょう??
予想がつかないぐらい"すごい速さ"で進化を続けるandymori。
僕もそうなんですが、目が離せません。
e0156837_18453171.jpg
e0156837_18454149.jpg
e0156837_18455177.jpg

さて、次は高松。
高松も初めてのワンマンです。
楽しみだ!
e0156837_1846374.jpg

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-06 18:47

ワンマン"春の楽園"ツアー 2日目!福岡 DRUM LOGOS

うん、間違いなくバンドが成長している。
今までになく良いテンションで。
ツアー2日目ですが、このライブ感はなんだ?!
マネージャーの僕もビックリするライブを見せてくれました。
それは、前にも書きましたが"LIVE"なんです。
今日、福岡でしか出来ない"LIVE"。
e0156837_16492593.jpg
e0156837_16493213.jpg
e0156837_16493990.jpg

会場をBe-1からLOGOSに変更して、まさかこんなにもたくさんの人たちが集まってくれるとは思ってなかった。
予想を超えてバンドが大きくなっていってるのを感じた。
そして、この状況を体現しているライブ。
本当に素晴らしい、鳥肌が何度もたったし、涙腺がゆるむ場面も何度もあったし、何度もライブで聴いて見ている曲なのに自然と体が動いたり、ハッとさせられたり、仕事を忘れてしまいそうになるぐらい、ライブに集中した。
e0156837_16494750.jpg
e0156837_16495553.jpg
e0156837_1650110.jpg
e0156837_1650760.jpg

メンバーとお客さんと同じ呼吸をしながら、確かめながら、音楽を奏でている感じ。
それは強制とかではなく、ごく自然にお互いを見つめながら、本当に自然に音楽の中に入っていく感じ。
ほんと、これが"LIVE"ですよ!
僕はこんなライブをするバンドをそんなに知りません。
e0156837_16501425.jpg

必ず笑顔になるんですよね、終わった後。
音楽って楽しいものだから、これもごく自然に。

まだまだ続くツアーですが、こんなにも音楽に自然に純粋に接していられるのなら、
ずっとツアーやってたいですね。

次は広島で会いましょう!

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-04 17:01