andymori staff blog

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

andymoriの夏

andymoriの夏が全て発表されました!
全11箇所の夏フェスに参加!
今年は熱いっす。
これるところには是非!遊びに来て下さい。
e0156837_11434271.gif


2010.7.22(木) “MUSIC ON! TV presents GG10”

2010.7.25(日) "FM802 MEET THE WORLD BEAT 2010"

2010.8.7(土) "ROCK IN JAPAN FES.2010"

2010.8.10(火) "ロックロックこんにちは!Ver.14 "ジューシー(十四)""

2010.8.13(金) "RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO"

2010.8.19(木) "ロックのほそ道"

2010.8.21(土) "MONSTER baSH 2010"

2010.8.28(土) "SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010 −15th ANNIVERSARY−"

2010.9.4(土) "RockDaze! 2010"

2010.9.12(日) "JA KYOSAI Presents RADIO BERRYベリテンライブ2010 Special"

2010.9.19(日) "京都音楽博覧会2010 IN 梅小路公園"
by andymori | 2010-06-30 11:44

"結婚しようよ"ツアー ・ファイナル、2010年6月25日(金)渋谷クラブクアトロ w/神聖かまってちゃん

"結婚しようよ"ツアー・ファイナル。
そして、今回の福岡から回ってきたツアーのファイナルです。
ファイナルの結婚相手に選んだのは"神聖かまってちゃん"。
超満員の会場は熱狂モード。
まずは"神聖かまってちゃん"。
独特のMCとインパクトのある楽曲で会場を一気に盛り上げた!

そして、andymoriのステージ。
e0156837_123308.jpg

いつものSEで登場し、いきなり凄いテンション上げていきました。
今回のセットリストはいわゆる"攻め"の体制、独特のタイム感で次々と曲をやっていきます。
1.CITY LIGHTS
2.僕が白人だったら
3.僕がハクビシンだったら
4.モンゴロイドブルース
5.ナツメグ
6.everything is my guitar
7.すごい速さ
8.ずっとグルーピー
9.グロリアス軽トラ
10.1984
11.ビューティフルセレブリティー
12.スーパーマンになりたい
13.Transit in Thailand
14.クレイジークレーマー
15.サンセットクルージング
16.Weapons of mass distruction
17.ベンガルトラとウィスキー
18.FOLLOW ME
19.SAWASDEECLAP YOUR HANDS
e0156837_1234113.jpg

それじゃなくても曲が短くて19曲も演奏しても1時間もかからない、
間髪入れずに次々と演奏するもんだから、アッと言う間に終わった感じがします。
マシンガンの様なライブ。お客さんもメンバーも一時も気をゆるめる事なくライブが終わった感じです。
e0156837_1234936.jpg
e0156837_1235554.jpg
e0156837_124882.jpg

そして、アンコール。
この"結婚しようよ"ツアーでは、結婚相手と"夢の中へ"をセッションしました。
これが何ともいえない幸せムード。
メンバーの友達の"マロン"も参加して、"神聖かまってちゃん"も参加して、いろいろと世知辛い世の中だけど、この一瞬、この時間だけは幸せになろうぜ!って本気で思ってる感じがすごく伝わってきた。小山田壮平の笑顔をみてると。
今回のツアー・グッズにもそれは表現されていて、いろいろな動物の幸せカップルが描かれていて、その絵をみている時の感覚と同じ感覚になるアンコールでした。
あたり前の事だけど、"幸せ"っていい事ですよね。
e0156837_1241816.jpg

e0156837_147973.jpg

さて、夏前の"結婚しようよ"ツアーも終わり、andymoriの夏がいよいよ始まる。
今年は各フェス会場で熱狂してこようと思います。
皆さんも是非!いろんなフェスで熱狂して下さい。

photo by tetsuro sato
by andymori | 2010-06-27 01:34

"超人2万パワーツアー" 2010年6月22日 広島CAVE-BE

なんか、広島には良く来ている感覚がある。
"平和の街"広島。
この街で歌われた"Weapons of mass distruction"、何だか重みを感じます。
広島には"原爆ドーム"があり、"原爆資料館"があります。
僕は広島の出身で子供の頃は夏休みに学校に呼び出されて、
見たくもない、戦争映画を見せられ、社会見学では"原爆ドーム"や"資料館"につれていかれ、
子供の頃は怖いし、意味もそんなに分からないし、すごく嫌だった記憶ある。
でも、大人になってみるドームや資料館はこれらが存在する意味を凄く感じる。
そして、子供の頃からしみ込んでいる不思議な感覚は、すごく良い体験をさせてもらっていたんだと言う事に気付く。
どんな事情があれ、戦争は嫌だ。関係ない人が巻き込まれて死んでいくのを見るのも嫌だ。
いつかは死ぬって事が僕らの人生なら、最後は美しくいたい。
長崎や沖縄、全国に戦争を語り継いでいる都市はたくさんある。
すごく大事にして欲しいと思う。

"The Mirraz"に誘われての、今回の広島ライブ。
初めての"CAVE-BE"でのライブ。
e0156837_23142461.jpg

広島のお客さんはいつもパワーに溢れている。
"The Mirraz"も"andymori"も分け隔て無しに、大いに盛り上がった。
会場の温度は絶好調に上がりっ放し。
ステージ上は凄い温度だったんじゃないかな。
熱いライブでした!

そして、お好み焼きを食べながら、打ち上がって。
翌日、1週間ぶりの東京に。
途中、"忍者の街"でandymori風"忍者"
ツアーは楽しい。
e0156837_23143317.jpg

by andymori | 2010-06-24 23:29

"結婚しようよ"ツアー 2日目、2010年6月20日(日)名古屋クラブクアトロ w/MASS OF THE FERMENTING DREGS

"結婚しようよ"ツアーの2日目。
今日の結婚相手は"MASS OF THE FERMENTING DREGS"。
マスドレとは、くるりの会報のどっきり対談で知り合って意気投合!
今回のツアーでは真っ先に誘いたいバンドであがってきました。

まずはパワフルなマスドレのライブ。
圧巻でした。
そのパワーは会場を燃え上がらせてくれました。
この熱いライブを是非!体験しに行って下さい。
9/18にSHIBUYA-AXでワンマンライブがあります!

そして、今日のandymori。
セットリストも変更して望み、今日も最初から飛ばして飛ばして、凄いテンション。
お客さんもどんどん前に!
ステージとお客さんの距離がどんどん近くなってる感じ。
e0156837_0282244.jpg

テンポよく一気に曲を演奏していきます。
ちょっと飛ばし過ぎでは?って思うぐらい全身全霊をこめてのライブ。
このまま死んでしまうのではないかと思う程、攻撃的に攻めのライブを繰り広げています。

andymoriの世界にどんどん引き込まれて、
新曲でガッツリ胸をつかまれ、
最後は夢の中にいるような感覚にさせれてしまう。

今日も良いライブでした。

ライブが終わった後になんとも言えない、
幸福感に包まれている自分に気付くのです。
こんなライブだったらいつまでも見て聴いていたい。
今日も鳴り止まないアンコール。

きっと、お客さんも同じ気持ちだったのではないと勝手に思っています。

さて、明後日は広島で"The Mirraz"のツアーに合流します。
これも楽しみだ!
by andymori | 2010-06-21 00:35

"結婚しようよ"ツアー 初日、2010年6月19日(土)心斎橋クラブクアトロ w/のあのわ

鳴り止まないアンコール。
会場のボルテージはアンコールの時には最高潮に達していた。

"結婚しようよ"ツアー 初日、2010年6月19日(土)心斎橋クラブクアトロ w/のあのわ

このツアーの初日は素晴らしい幕開けとなったのです。
e0156837_035161.jpg

本日の結婚相手は"のあのわ"。
メンバー同士の相性はバッチリで楽屋でも終始、楽しい雰囲気で本番を向えました。
まずは、"のあのわ"のステージ。
マジでいいです。
10月に同じく心斎橋クアトロでワンマンライブがあるので、
是非!遊びに行って下さい。
かなりのオススメ!です。

そして、andymoriの登場。
いきなり凄まじいテンションで幕開けです。
かなり飛ばし気味のセットリストに会場は熱狂の渦に巻き込まれたのです。
そして、先日の福岡公演から演奏している新曲達。
これが日を増すごとに成長しています。
特に"Weapons of mass distruction"って曲です。
是非!会場にきて体感して見て下さい。
素晴らしい曲です。デカイです。
e0156837_0401981.jpg
e0156837_0403361.jpg
e0156837_0404424.jpg

会場の熱狂はそれはそれは凄かったです。
アンコールでは"のあのわ"、そして、メンバーの友達の"マロン"と共にセッション。
なんかね、すごく良い雰囲気だったんですよ。
はっきり言って、うだうだだったのですが、
そんなの関係ないぐらい、出演者が出しているオーラが凄く幸せな感じでした。
素晴らしい、サイコーです。

今回のタイトルは"結婚しようよ"。
一体なんでこんなタイトルになったのか、始まってみるまで不明だったのですが、
初日の本番をみて納得です。
とにかく、幸せムードがハッピーなムードが心地よいのです。
世の中の"結婚"という人生の大きな行事が全てこんな幸せムードになれば
日本は変るんだろうなって思えるライブでした。

そして、セッションが終わってもなりやまない、ダブルアンコール。
これが、今日の全てを物語っていました。

鳴り止まないアンコールに勢い余って、会場に乱入した小山田壮平。
こんな感じが今日の特別なハッピーな時間を象徴していると思いました。

この企画は是非!シリーズ化出来たらいいなって思いました。

大阪の皆さん、本当にありがとうございました。

追伸:ところで「三万日ラジオ」はどうだったですか?
by andymori | 2010-06-20 00:50

"cross fm music junction 2010 〜This is HEAVY ROTATION〜" 6.17 福岡DRUM Be-1

"cross fm music junction 2010 〜This is HEAVY ROTATION〜"
そうです、cross fmのヘビロになったアーティストが集まった今回のイベント、
愛情いっぱい、やさしさいっぱいのイベントになりました。
e0156837_23415514.jpg

andymoriは"S.R.S""のあのわ"に続いて最後、3バンド目に登場。
今回は新曲を披露しています。
その曲がいいです。
早くレコーディングしたい。
とにかく皆さんに聴いて欲しいですね。
耳を澄ませて聴いて下さい。
多分、鳥肌立ちます。

そして、アンコールも終わって、ここでcross fmさん企画のサプライズ。
そうです、この日は小山田壮平の誕生日。
出演者、そしてお客さんにステージ上で祝われるって中々ない経験をさせて頂きました。
ケーキも用意してもらって、嬉しかった。
corss fmさんそして、出演者の皆さん、お客さん、
ありがとうございました!
サイコーの誕生日に壮平も大喜びでした。
e0156837_23475996.jpg


さて、次はいよいよ"結婚しようよ"ツアーの始まり。
どんな事になるのやら、楽しみだ!
by andymori | 2010-06-18 23:49

NEW!アー写撮影

この前、新しいアーティスト写真の撮影をしました。
スタッフと記念撮影!
e0156837_18284931.jpg

間もなく、公開します。
かなりイケてます。
素晴らしいぐらいアホです。
サイコーです。
by andymori | 2010-06-10 18:28

FM802 「三万日ラジオ」放送決定!

FM802 BINTANG GARDEN 「三万日ラジオ」の放送が決定した。
2月の「ファンファーレと熱狂」のキャンペーンの時、
壮平がおもむろに取り出したある企画書。
そこには「三万日ラジオ」と書かれてあった。
それから、4ヶ月、自らプロモーションした企画を現実のものにしたのである。
e0156837_1821142.jpg

いやぁ〜、夢って自分で強く願うと叶うもんなんですね。
俺も負けずに大いなる夢を抱こう!
もうオヤジだけど、負けんぞ!

謎の女性がDJとして登場。
一体、誰だ?

番組をお聞きになって確かめて下さい。
by andymori | 2010-06-10 18:23

2010.5.29(土) Toronto @ Whipper Snapper Gallery

進化するための原点回帰
e0156837_10155914.jpg
e0156837_1016552.jpg
e0156837_10161368.jpg
e0156837_10161921.jpg
e0156837_10162558.jpg
e0156837_10163278.jpg

バンドはツアーをやる度に成長していくものだ。さて、カナダでandymoriはどう変わったか?
カナダ最後となるこの日のLIVEは、とにかく凄まじいものだった。ロックンロールの初期衝動だけを頼りに暴走するパンドがそこにいた。5、6人の客を前にもがきながらがむしゃらにやっていたあの頃のandymoriがそこにいた。特に大樹のドラムが素晴らしい。己の全存在をかけ、今この場で倒れてもかまわないという意思が痛いほど伝わってくる。カナダ人のオーディエンスがまず目を奪われていたのが彼のドラムだ。
壮平は路上やバーのソロLIVEを通じて原点回帰したようだ。それは歌よ誰かに届けという切実な想いだ。彼の歌は、砂時計の砂のように一点に集中しながらいつのまにか回りをおおいつくしてしまうような、特殊なオーラを今回のツアーで身にまとったと思う。
そして寛は、……わからん、いや,あの独特の飛び跳ねダンスがついに完成の域に達したことだけはわかった。おめでとう。
LIVE終演後、近くのバーで大樹とビールを飲んている時に、「No.1JapanesePunk Bandは?」と聞かれ、「andymori」と即答したときの、彼の漫然の笑みが忘れられない。andymoriの未来は明るい。かなり明るい。
そして最後に、Next Music From Tokyo vol.1を一緒に回った、Mothercoat , Owarikara,,グーミ, Kulu Kulu Garden のメンバー、お疲れさまでした。君達の本当に素晴らしかったLIVEは決して忘れません。

photo & text by tetsuro sato
by andymori | 2010-06-01 10:18