andymori staff blog

2011.07.17 (日)  "AOMORI ROCK FESTIVAL '11 ~夏の魔物~"

アーティストが企画しているフェス。
くるりの音博やスピッツのロックロックもそうですが、
すごく会場の雰囲気も楽屋エリアの雰囲気もいいです。(他のフェスが悪いとかではなく、独特な雰囲気なんです。)
設備などは良くないかもしれないけど、それに勝るものがあります。
e0156837_12345959.jpg

今回の"夏の魔物"もすごくユルユルなのですが、それがフェスの色になっていて、
お客さんも出演者もスタッフも実に良い顔でいれるんですね。
そこに”音楽"があればいいです。
それだけで十分。
e0156837_12352225.jpg
e0156837_12352983.jpg
e0156837_12353528.jpg
e0156837_12354387.jpg

会場はすり鉢状になっていて、後ろで座ってゆっくり観れるし、
前に踊りにいってもいいし、自由に音楽を聴く環境がありました。
それに、なんと言っても気候がいい!!
これから、暑いフェスの事を考えると少し憂鬱になりました(笑)
暑いとボォ~ってしてきて、音楽どころではなくなる時が僕はあるんです。
なので、こんな気持ちのいい気候の中で音楽を野外で楽しめた事が嬉しかった。
心がスゥ~っと開放された感じです。
e0156837_1236657.jpg

大先輩から若手のアーティストまで、39組の出演者が自由に音楽してました。
楽しかった!

そして、andymoriは青森、初ライブ!
すごく待ってました!感があって、ライブの方もいい感じ。
時間が短かったので選曲に非常に困った。
でも、結果的にすごく良い選曲で出来たと思います。

フェスってなんで夏にやるんだろう??
春フェスとか秋フェスがもっと増えても良さそうなもんです。
野外で自然とある意味、一体化するのだから、気候が良い時の方がいいと思うんだけどなぁ~。
andymoriでフェスをやる時は、春か秋にしよう!
いつか、出来たらいいな、andymoriのフェス。

そんな、いろんな夢の広がった素晴らしい"夏の魔物"でした。
e0156837_1238250.jpg


photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-07-20 12:38