andymori staff blog

ワンマン"春の楽園"ツアー 4日目!高松DIME

e0156837_1216256.jpg

いつも写真を撮影してもらっているのは、写真家"佐藤哲郎"。
DVDにも写真集がありますが、andymoriを結成前から撮り続けている男です。
今回のツアーにも同行してもらっていまして、毎回このブログに上げさせてもらっています。
メンバーの事を知り尽くしているので、ちょっとした表情も逃しません。
愛のある写真だと、僕はいつも楽しみにしているのです。
ですので、皆さんも写真をじっくり見て下さいね。
新生andymoriも撮り続けているので、いつか写真展や写真集を出したりするのかな?
その時はお知らせします。

さて!ツアー4日目。高松です。
そして、初めての高松ワンマン。
ツアーを組んだ時にお客さん集まってくれるのか??って不安でしたが、
たくさんのお客さんが来てくれました。
DIMEは建物の上からお客さんが入場するのに並んで待ってくれているのが見えるのですが、その行列にテンションが上がりました!
ライブの方は、凄く自由に楽しんでいるのが気持ちよかった。
どんどん、どんどん良くなってます。
e0156837_12163341.jpg
e0156837_12164290.jpg
e0156837_12165011.jpg


壮平のイタズラ・キャラが炸裂で、寛が普段言わない"一言"をうまい具合に言わせたり、
(高松の皆さん、内緒にしててくださいね:笑)
うどん騒動を巻き起こしたり(さぬき派vs富士吉田派:最後は寛を富士吉田派にもっていってお客さんのブーイングをさそうって感じの騒動)、と本番終わって楽屋に戻った時にはみんなで笑い転げてしまいました!
演奏も楽しみながら、話も楽しむ。
お客さんと一緒にすごく自由で有意義で熱い時間が過ごせた一夜だったと思います。
e0156837_16554258.jpg

それにしても、寛は本当に愛すべきキャラだと、つくづく思いました。
いつも笑かしてくれますからね。
バンドらしく、それぞれのキャラも確立しつつあるandymoriです。
バンドってやはり人が一人かわると全然、別のものになるんだなってつくづく思いました。
前が良いとか、今が良いとか、そんな問題じゃなくて、今、この3人てやっている事がいいんです。カッコイイんです。
すごいバンドになるんじゃないかと思っています。
その過程を見れるのが、僕の楽しみでもあります。
e0156837_12165820.jpg
e0156837_1217522.jpg
e0156837_12171869.jpg

さて、次はツアー5日目、米子。
andymoriでは初めての都市。
楽しみだ!
鳥取砂丘には絶対に行こうと思っています。アー写でも撮ろうかな。

photo by tetsuro sato
by andymori | 2011-05-07 12:18