andymori staff blog

2010.9.12(日)  "JA KYOSAI Presents  RADIO BERRYベリテンライブ2010 Special"

いよいよ、andymoriの夏もこのベリテンを入れて、後2本!
長い様で短かった夏。
最後まで噛み締めていきたいと思います。
きっと、忘れられない夏になるとおもうので。
今回もカメラマン"佐藤哲郎"のレポをどうぞ!
e0156837_0214532.jpg
e0156837_0215063.jpg
e0156837_0215665.jpg
e0156837_022457.jpg

栃木県、宇都宮駅から車で30分の距離にある、井頭公園で開催されたベリテンライプ。
緑に囲まれた広い公園の中に、ステージが一つ。
天気も、基本曇りでたまに小雨がぱらつく程度なので、あまり暑くなく非常にしのぎやすい環境の中でのフェスとなった。
オープニングアクトに続いて、11時にandymoriは演奏を開始した。
今回は、持ち時間が40分と多少長めだが、極端なセットリストの変更はなかった。
いつものテンションで、徐々に加速度をつけながら、快調に飛ばして行く。
「グロリアス軽トラ」では、地方LIVE恒例の歌詞変更、「栃木の空の下」で、会場の栃木っ子達を大いに湧かせていたのがほほえましい。
野外LIVE、しかも昼間の時間帯の出番の場合、派手に凝った照明は出来ない。
だから、オーディエンスを盛り上げるのは、バンドの実力だけだ。
今回のLIVEもそうだが、今年の夏フェスで、彼らはかなり鍛えられてきたなと感じた。
andymori 目当てに来た以外のお客さんを、彼らの世界に引きずり込む瞬間を何度も目撃出来た。
MCでは壮平が、学生時代の友達が栃木で働いていて、今日、見に来ていると発言、終演後は久々の再会を楽しんだんだろうか。
フェスは、いよいよ、19日を残すのみ。京都の皆さん、楽しみにしていて下さい!

photo & text by tetsuro sato
by andymori | 2010-09-17 00:26