andymori staff blog

2010.5.28(金) Toronto @ the Rivoli

ストリートで始まりストリートで終った
e0156837_1148119.jpg
e0156837_1148435.jpg
e0156837_11491788.jpg
e0156837_11515459.jpg
e0156837_11522432.jpg
e0156837_11535519.jpg
e0156837_1154815.jpg
e0156837_11544236.jpg

さていよいよ、トロント初LIVE。壮平は、日本から一緒に来たバンドのメンバー達と、会場のバーの前でさっそく路上で演奏。それぞれのバンドの曲や、「Stand by me」などを披露し、チラシを配り客引きもしていた。壮平は昔のストリート魂を完全に取り戻したようだ。こんなに楽しそうに純粋に音楽を楽しんでいる姿は久々に見た。そして本番。今夜の出番はトップ。前列にはやはりandymoriファンらしき、地元の女の子が嬌声を上げている。今回のツアーでは、速い曲が中心で、ミディアムナンバーは、「1984」ともう一曲だけ。今夜はなんと、「クレイジークレーマー」の次に、名曲「ハッピーエンド」をプレイ。クレイジーこと、ヒロが一番好きだった曲。個人的には一番感動した瞬間だ。andymori演奏後の、ラスト一つ前のバンド、グーミの時に電気トラブルが発生。結局ラストは、開演前の路上LIVEがフロアで再現された。壮平、大樹も参加した「上を向いて歩こう」の大合唱は今回のツアーのハイライトに違いない。そしてなんと、終演後も壮平達は店の前で路上LIVE。とんでもない旅一座だ。

photo & text by tetsuro sato
by andymori | 2010-05-30 11:58