andymori staff blog

Live@Imperial Pub

奇跡の夜
e0156837_2175562.jpg
e0156837_2194951.jpg
e0156837_220184.jpg
e0156837_2205269.jpg

旅に出ると日常では考えられないような奇跡に出くわすことがよくある。それを本能的に知っているからこそ、人は旅に出るのだと思う。この夜、壮平にそれが起こった。路上LIVEの写真はモントリオールだか、彼は今回のツアーで、自身のルーツである路上LIVEを積極的に行っている。トロントの夜11時過ぎ、壮平からこれから路上をやるんで同行してくれと連絡があった。一緒に街に出たが、車の音や喧騒に負けてなかなか立ち止まって見てくれない。ひとまず、酒でも飲んでもっと遅くなるまで待つことにし、"imperial pub"という店のドアを開けた。入った途端、演奏する場所は奥だよ、と声をかけられた。毎週水曜の夜は、飛び入りで演奏できるようで、ギターを抱えていた壮平が出演希望者に間違われたのだ。その数分後、彼はトロント初のLIVEを始めていた。客は五人ほど。二曲やると、みんな握手を求めたり、抱きついてきたりで、すぐにアンコール開始で「1984」を披露。徐々に客も増えてきて、その中のカナダ人男性をドラマーにして、「Follow Me」なとを演奏。そしてまたアンコール。気付いたら、10曲ほどやり、小山田壮平ショーと化してしまった。凄いシンガーだと皆に絶賛され一緒に飲んで、結局ホテルに帰ったのは4時近く。この夜の動画は撮影したのでいつかお見せ出来るかと思う。そして、いよいよ今夜、トロント二連発の最初のステージが始まる。

photo & text by tetsuro sato
by andymori | 2010-05-29 02:23